財布にも入っているかも!?売れる古銭!

高い価値を持つ古銭ってどんなもの?

普通の生活の中、買い物のお釣りや両替などで、何気なく手に入る小銭。でも、そんな小銭は時代と共にデザインなどの大きな変遷があり、現在使われていない形状や額面のものは古銭として取り扱われています。明治時代や大正時代に発行された金貨や銀貨など、名称こそ「旧1円銀貨」「旧5円金貨」とは呼ばれている古銭ではありますが、実はそれらは額面以上の価値を持つことがあるというのはご存知でしたか?
また、明治・大正に使われた小銭の他にも、江戸よりも更に前の時代である慶長や天保などの小判金などについても古銭と呼ばれています。
いずれも、コレクターの間で高く取引される場合があるため、もし「祖父の遺品で見つけた」といった場合には、手放す前に買取業者を検討してみましょう。

記念硬貨も古銭!レアな記念硬貨なら高価になっているかも

また、記念硬貨なら、天皇陛下御即位記念として、あるいはオリンピックの開催記念としてなど、それぞれの時代において1~10万円の額面の金貨が発行されてきました。こうした記念硬貨は、市場に出回る量が少なければ少ない程、価値が高まってくるのが一般的です。額面通りのお金として使うこともできますが、レアであることから、やはりコレクターの中で額面以上の金額でも欲しいという人もいるため、古銭買取業者も取り扱っています。
そんな記念硬貨を手放したいという時に必要なのが、買取市場の価格の相場を知るべく複数の買取業者の見積もりの取得です。これは、買取業者によって販売経路なども異なることから、同一古銭であっても金額の付け方が大きく違ってくることがあるためですので、是非覚えておきましょう。